So-net無料ブログ作成
広告スペース

悪夢ちゃん ガクト 10話

悪夢ちゃん ガクトが、
志岐貴役で出演してます。

認知神経学の准教授です。
助手として万之介に仕えています。
研究成果を公表したがらない万之介の態度に業を煮やし、
焦っています。
彩未が“明晰夢”の中で出会う、
理想の造形美をもった夢王子にソックリです。

見どころ 12月15日放送分(第10話)
明恵小学校の児童が次々と行方不明になり、
児童と教師達の不安は高まります。
彩未(北川景子)は、
結衣子(木村真那月)を手に入れたいと暴走する志岐(GACKT)が、
人身売買の闇組織と組んで誘拐事件を起こしていると考えます。
結衣子を守り、
いなくなった子供達を助け出そうと奔走する彩未に、
結衣子が
「志岐さんには会わないで」と懇願します。
結衣子は、
彩未が結衣子を守ろうとして志岐を殺してしまうという未来を、
予知した悪夢を見たのでした。
そんな中、
結衣子が闇の組織の手先にさらわれます。
彩未は結衣子の夢札を手がかりに、
志岐が結衣子を連れて船で海外へ逃亡しようとしている事を突き止め、
志岐と結衣子が乗った船に乗り込みます。
船の上で志岐と対峙する彩未。
それは、結衣子の悪夢と同じ状況でした。
彩未は、未来を変えて結衣子を守る事ができるのか!?
そして、子供たちを誘拐する闇の組織の正体とは!?
(YAHOOテレビGUIDEより)

概要
恩田陸の小説「夢違」を原案に、
絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描く、
SF学園サスペンスです。
北川景子演じる、
腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、
予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに、
悪夢の様な世間の危機を救っていきます。
北川は、「私にとっては新境地の役なので、とても楽しみです。
このドラマを通して“未来は自分の力で変えられる”
というポジティブなメッセージを伝えたい」と意気込みます。
コミカルで摩訶不思議なストーリー展開と、
毎回登場する予知夢のVFX映像にも注目です。
(YAHOOテレビGUIDEより)

ストーリー
小学校教師の武戸井彩未(北川景子)は、
表向きは誠実な先生ですが、
その本性は愛や絆等を全く信じない腹黒女です。
ある日、そんな彩未のクラスに古藤結衣子(木村真那月)という、
謎の少女が転校してきます。
結衣子は転校早々、
「この中の誰かが人を殺す」とクラスメイトに衝撃の発言をし、
顰蹙を買います。
そんな折、
今度は彩未の裏の顔を暴露した匿名の告発ブログが見つかり、
生徒の間では結衣子が犯人だという噂が広まります。
彩未は結衣子の家へ家庭訪問する事になります。
そこで結衣子に予知夢を見る能力がある事を知り、
結衣子の祖父・古藤万之介(小日向文世)から、
デジタル映像化された結衣子の予知夢を見せてもらった彩未は、
衝撃を受けます。
(YAHOOテレビGUIDEより)

概要
恩田陸の小説「夢違」を原案に、
絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描く、
SF学園サスペンスです。
北川景子演じる、
腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、
予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに、
悪夢の様な世間の危機を救っていきます。
北川は、「私にとっては新境地の役なので、とても楽しみです。
このドラマを通して“未来は自分の力で変えられる”
というポジティブなメッセージを伝えたい」と意気込みます。
コミカルで摩訶不思議なストーリー展開と、
毎回登場する予知夢のVFX映像にも注目です。
(YAHOOテレビGUIDEより)
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

悪夢ちゃん ガクト 9話

悪夢ちゃん ガクトが、
志岐貴役で出演してます。

認知神経学の准教授です。
助手として万之介に仕えています。
研究成果を公表したがらない万之介の態度に業を煮やし、
焦っています。
彩未が“明晰夢”の中で出会う、
理想の造形美をもった夢王子にソックリです。

見どころ 12月8日放送分(第9話)
自分の過去が明らかになった彩未。
しかし、結衣子の一番遠い記憶が彩未のさらなる過去につながってゆきます。
彩未は図工の授業で、
“自分の一番遠い記憶”を絵に描くという課題を出します。
出来上がった絵が教室に貼り出されると、
彩未のクラスの七海(大友花恋)と奈央(土岐瑞葵)が、
結衣子(木村真那月)の描いた絵を見て悲鳴を上げて驚きます。
結衣子が描いたのは、
天使の羽のような飾りの付いたブランコが一本の木から下がっていて、
そのそばに幼い女の子が立っているという絵でした。
結衣子は七海と奈央に、
「あそこに行ったんでしょ?」と問い詰められますが、
結衣子には二人が何を言っているのか分かりません。
七海と奈央は結衣子に、
自分達が抱えていた秘密を語り始めます。
その話を聞いた結衣子は、
彩未に助けを求めます。
彩未にも、
結衣子の描いたブランコに見覚えがありました。
手がかりを得る為、
彩未はかつて暮らしていた児童養護施設を訪ねます。
謎の組織による児童誘拐は、
彩未の過去とつながって大事件へと発展していきます。
一方、自分の野望の為動き出した志岐(GACKT)は、
驚くべき行動にでるのでした!

概要
恩田陸の小説「夢違」を原案に、
絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描く、
SF学園サスペンスです。
北川景子演じる、
腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、
予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに、
悪夢の様な世間の危機を救っていきます。
北川は、「私にとっては新境地の役なので、とても楽しみです。
このドラマを通して“未来は自分の力で変えられる”
というポジティブなメッセージを伝えたい」と意気込みます。
コミカルで摩訶不思議なストーリー展開と、
毎回登場する予知夢のVFX映像にも注目です。
(YAHOOテレビGUIDEより)

ストーリー
小学校教師の武戸井彩未(北川景子)は、
表向きは誠実な先生ですが、
その本性は愛や絆等を全く信じない腹黒女です。
ある日、そんな彩未のクラスに古藤結衣子(木村真那月)という、
謎の少女が転校してきます。
結衣子は転校早々、
「この中の誰かが人を殺す」とクラスメイトに衝撃の発言をし、
顰蹙を買います。
そんな折、
今度は彩未の裏の顔を暴露した匿名の告発ブログが見つかり、
生徒の間では結衣子が犯人だという噂が広まります。
彩未は結衣子の家へ家庭訪問する事になります。
そこで結衣子に予知夢を見る能力がある事を知り、
結衣子の祖父・古藤万之介(小日向文世)から、
デジタル映像化された結衣子の予知夢を見せてもらった彩未は、
衝撃を受けます。
(YAHOOテレビGUIDEより)

概要
恩田陸の小説「夢違」を原案に、
絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描く、
SF学園サスペンスです。
北川景子演じる、
腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、
予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに、
悪夢の様な世間の危機を救っていきます。
北川は、「私にとっては新境地の役なので、とても楽しみです。
このドラマを通して“未来は自分の力で変えられる”
というポジティブなメッセージを伝えたい」と意気込みます。
コミカルで摩訶不思議なストーリー展開と、
毎回登場する予知夢のVFX映像にも注目です。
(YAHOOテレビGUIDEより)
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

悪夢ちゃん ガクト 7話

悪夢ちゃん ガクトが、
志岐貴役で出演してます。

認知神経学の准教授です。
助手として万之介に仕えています。
研究成果を公表したがらない万之介の態度に業を煮やし、
焦っています。
彩未が“明晰夢”の中で出会う、
理想の造形美をもった夢王子にソックリです。

見どころ 11月24日放送分(第7話)
彩未(北川景子)は、
封印していた子供の頃の忌まわしい思い出に苦しめられるようになります。
結衣子(木村真那月)は彩未の様子に異変を感じ、
自分に原因があるのではないかと思い始めます。
一方、結衣子の悪夢を利用して、
世間を騒がせていた事件を解決した志岐(GACKT)は、
夢分析のエキスパートとして注目を集め、
警察からも協力を求められます。
志岐にとって、
自分の野望を果たす為には、
結衣子の存在が不可欠でした。
志岐は、山里(和田正人)を使って結衣子を誘拐します。
そして「予知夢を見る能力を必要とする人の為に使うべきだ」と、
結衣子を協力者にするべく説得します。
まもなく、彩未と万之介(小日向文世)が、
結衣子を迎えにやってきます。
しかし、結衣子は、
志岐と一緒にいる事を選びます。
そんな中、自分の夢に悩む貝原(濱田マリ)が、
志岐に相談します。
結衣子は、
貝原の過去にまつわる悪夢を見るようになり・・・
(YAHOOテレビGUIDEより)

概要
恩田陸の小説「夢違」を原案に、
絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描く、
SF学園サスペンスです。
北川景子演じる、
腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、
予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに、
悪夢の様な世間の危機を救っていきます。
北川は、「私にとっては新境地の役なので、とても楽しみです。
このドラマを通して“未来は自分の力で変えられる”
というポジティブなメッセージを伝えたい」と意気込みます。
コミカルで摩訶不思議なストーリー展開と、
毎回登場する予知夢のVFX映像にも注目です。
(YAHOOテレビGUIDEより)

ストーリー
小学校教師の武戸井彩未(北川景子)は、
表向きは誠実な先生ですが、
その本性は愛や絆等を全く信じない腹黒女です。
ある日、そんな彩未のクラスに古藤結衣子(木村真那月)という、
謎の少女が転校してきます。
結衣子は転校早々、
「この中の誰かが人を殺す」とクラスメイトに衝撃の発言をし、
顰蹙を買います。
そんな折、
今度は彩未の裏の顔を暴露した匿名の告発ブログが見つかり、
生徒の間では結衣子が犯人だという噂が広まります。
彩未は結衣子の家へ家庭訪問する事になります。
そこで結衣子に予知夢を見る能力がある事を知り、
結衣子の祖父・古藤万之介(小日向文世)から、
デジタル映像化された結衣子の予知夢を見せてもらった彩未は、
衝撃を受けます。
(YAHOOテレビGUIDEより)

概要
恩田陸の小説「夢違」を原案に、
絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描く、
SF学園サスペンスです。
北川景子演じる、
腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、
予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに、
悪夢の様な世間の危機を救っていきます。
北川は、「私にとっては新境地の役なので、とても楽しみです。
このドラマを通して“未来は自分の力で変えられる”
というポジティブなメッセージを伝えたい」と意気込みます。
コミカルで摩訶不思議なストーリー展開と、
毎回登場する予知夢のVFX映像にも注目です。
(YAHOOテレビGUIDEより)
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

悪夢ちゃん ガクト 8話

悪夢ちゃん ガクトが、
志岐貴役で出演してます。

認知神経学の准教授です。
助手として万之介に仕えています。
研究成果を公表したがらない万之介の態度に業を煮やし、
焦っています。
彩未が“明晰夢”の中で出会う、
理想の造形美をもった夢王子にソックリです。

見どころ 12月1日放送分(第8話)
彩未(北川景子)は、
学校に辞表を提出します。
一方、結衣子(木村真那月)は、
志岐(GACKT)の研究所にとどまったまま、
登校しなくなっていました。
彩未は万之介(小日向文世)に、
結衣子の転校を勧め、
自分は教師を辞める事を知らせます。
そして「自分は人を殺した」と、
衝撃的な記憶を告白します。
それを聞いた万之介は、
彩未の過去について驚くべき事実を語りはじめました。
一方、5年2組の生徒・杏奈(春名風花)は、
父親の奇妙な行動に苦しんでいました。
杏奈の父・猛は、
眠ると悪夢を見て、
無意識のうちに家族に暴力を振るってしまうのでした。
杏奈に同調した結衣子は、
杏奈に関する悪夢を見ます。
しかし、彩未に助けてもらえない結衣子にはどうする事もできず…。
(YAHOOテレビGUIDEより)

概要
恩田陸の小説「夢違」を原案に、
絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描く、
SF学園サスペンスです。
北川景子演じる、
腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、
予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに、
悪夢の様な世間の危機を救っていきます。
北川は、「私にとっては新境地の役なので、とても楽しみです。
このドラマを通して“未来は自分の力で変えられる”
というポジティブなメッセージを伝えたい」と意気込みます。
コミカルで摩訶不思議なストーリー展開と、
毎回登場する予知夢のVFX映像にも注目です。
(YAHOOテレビGUIDEより)

ストーリー
小学校教師の武戸井彩未(北川景子)は、
表向きは誠実な先生ですが、
その本性は愛や絆等を全く信じない腹黒女です。
ある日、そんな彩未のクラスに古藤結衣子(木村真那月)という、
謎の少女が転校してきます。
結衣子は転校早々、
「この中の誰かが人を殺す」とクラスメイトに衝撃の発言をし、
顰蹙を買います。
そんな折、
今度は彩未の裏の顔を暴露した匿名の告発ブログが見つかり、
生徒の間では結衣子が犯人だという噂が広まります。
彩未は結衣子の家へ家庭訪問する事になります。
そこで結衣子に予知夢を見る能力がある事を知り、
結衣子の祖父・古藤万之介(小日向文世)から、
デジタル映像化された結衣子の予知夢を見せてもらった彩未は、
衝撃を受けます。
(YAHOOテレビGUIDEより)

概要
恩田陸の小説「夢違」を原案に、
絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描く、
SF学園サスペンスです。
北川景子演じる、
腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、
予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに、
悪夢の様な世間の危機を救っていきます。
北川は、「私にとっては新境地の役なので、とても楽しみです。
このドラマを通して“未来は自分の力で変えられる”
というポジティブなメッセージを伝えたい」と意気込みます。
コミカルで摩訶不思議なストーリー展開と、
毎回登場する予知夢のVFX映像にも注目です。
(YAHOOテレビGUIDEより)
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

悪夢ちゃん ガクト 6話

悪夢ちゃん ガクトが、
志岐貴役で出演してます。

認知神経学の准教授です。
助手として万之介に仕えています。
研究成果を公表したがらない万之介の態度に業を煮やし、
焦っています。
彩未が“明晰夢”の中で出会う、
理想の造形美をもった夢王子にソックリです。

見どころ 11月17日放送分(第6話)
彩未(北川景子)のクラスの生徒・莉音(豊田留妃)は、
朝礼で貧血を起こして保健室に運ばれます。
しかし、莉音は、
倒れた事を母親には知らせないでほしいと琴葉(優香)に頼みます。
バレエ教室に通う莉音は、
無理なダイエットをしている様でした。
莉音の母・麻子はシングルマザーで、
経済的に余裕がないものの、
莉音をバレリーナとして成功させようと、
生活の全てを捧げていました。
莉音と同じバレエ教室には、
クラスメイトの未来(田爪愛里)がいました。
裕福な家庭に育つ未来への対抗心を燃やす麻子に、
「未来に負けるな」とプレッシャーをかけられる莉音。
彼女は、近々行われるバレエの発表会に、
不安を抱いていました。
琴葉は、莉音が母親から精神的な虐待を受けているのではないかと心配し、
彩未に相談します。
そんな中、結衣子(木村真那月)も莉音と未来が出てくる悪夢を見ます。
しかし、彩未はいつものように、
悪夢が何を暗示しているのかを読み解く事ができません。
(YAHOOテレビGUIDEより)

概要
恩田陸の小説「夢違」を原案に、
絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描く、
SF学園サスペンスです。
北川景子演じる、
腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、
予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに、
悪夢の様な世間の危機を救っていきます。
北川は、「私にとっては新境地の役なので、とても楽しみです。
このドラマを通して“未来は自分の力で変えられる”
というポジティブなメッセージを伝えたい」と意気込みます。
コミカルで摩訶不思議なストーリー展開と、
毎回登場する予知夢のVFX映像にも注目です。
(YAHOOテレビGUIDEより)

ストーリー
小学校教師の武戸井彩未(北川景子)は、
表向きは誠実な先生ですが、
その本性は愛や絆等を全く信じない腹黒女です。
ある日、そんな彩未のクラスに古藤結衣子(木村真那月)という、
謎の少女が転校してきます。
結衣子は転校早々、
「この中の誰かが人を殺す」とクラスメイトに衝撃の発言をし、
顰蹙を買います。
そんな折、
今度は彩未の裏の顔を暴露した匿名の告発ブログが見つかり、
生徒の間では結衣子が犯人だという噂が広まります。
彩未は結衣子の家へ家庭訪問する事になります。
そこで結衣子に予知夢を見る能力がある事を知り、
結衣子の祖父・古藤万之介(小日向文世)から、
デジタル映像化された結衣子の予知夢を見せてもらった彩未は、
衝撃を受けます。
(YAHOOテレビGUIDEより)

概要
恩田陸の小説「夢違」を原案に、
絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描く、
SF学園サスペンスです。
北川景子演じる、
腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、
予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに、
悪夢の様な世間の危機を救っていきます。
北川は、「私にとっては新境地の役なので、とても楽しみです。
このドラマを通して“未来は自分の力で変えられる”
というポジティブなメッセージを伝えたい」と意気込みます。
コミカルで摩訶不思議なストーリー展開と、
毎回登場する予知夢のVFX映像にも注目です。
(YAHOOテレビGUIDEより)
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
Copyright © 最新ドラマ情報 All Rights Reserved.
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。