So-net無料ブログ作成
広告スペース

松嶋菜々子 ドラマ ダウン

松嶋菜々子がドラマ「家政婦のミタ」で愛用しているダウンは?


再び阿須田家で働く事になった三田(松嶋菜々子)は、
亡くなった夫と息子の幻覚をたびたび見るようになります。
夫と息子の死は自分のせいだと罪の意識にさいなまれる三田は、
苦しみ激しく動揺します。
海斗(綾部守人)は、
まもなく学校で行われる授業参観について悩んでいました。
授業参観では母親への感謝状を読む事になり、
母親がいない場合は父親に宛てて書いてもいいと言われていました。
海斗は凪子(大家由祐子)の事を書きたいと思っていましたが、
自殺した母への思いを正直に書くには躊躇いがありました。
海斗は、どうしたらいいかを家族に相談するものの、
誰も答えられません。
海斗が三田にアドバイスを求めると、
三田は「あなたが決める事です」と言うだけでした。
一方、恵一(長谷川博己)への思いを断ち切りたいうらら(相武紗季)は、
真面目そうな青年(勝地涼)と見合いをします。
それを知った阿須田家の人々は、
なぜうららが突然結婚したいと言い出したのか、
不思議に思います。
うららの真意を知っている三田は、
思わず自分から口を開こうとします。
三田の中で何かが変わり始めていました。
三田から相談を受けた晴海(白川由美)は
「自分の意志で動くと周りを不幸にすると思い込むのはやめた方がいい」と、
迷っている三田を励まします。
海斗は、納得できないながらも父親への感謝状を書き始めていました。
三田は、海斗から書きかけの作文を取り上げて破り捨て
「お母様への感謝状を書くべきだ」そして、
「母・凪子の死は自殺ではない・・・」と、
初めて自分の意見を言います。
阿須田家の人々への愛情が深まり、
安らぎを覚え始める三田。
そんな矢先、
夕食の準備をする三田を手伝おうとした希衣(本田望結)が、
火傷を負ってしまいます。
やはり自分が周りの人を不幸にする
という呪縛から逃れられない三田は遊園地へ向かい、
自分を待つ夫と息子の幻覚と向き合う事に…。
(YAHOOテレビGUIDEより)

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
Copyright © 最新ドラマ情報 All Rights Reserved.
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。