So-net無料ブログ作成
検索選択
広告スペース

ストロベリーナイト 原作

ストロベリーナイト 原作
原作は、誉田哲也の「ストロベリーナイト」

あらすじ 3月20日放送分(第11話)
玲子(竹内結子)は、
見つかった胴体の身元が高岡(石黒賢)ではなく、
戸部(池田鉄洋)だと確信しました。
しかし、橋爪(渡辺いっけい)から左手首と胴体は、
同一人物だというDNA鑑定の結果を突き付けられ、
さらに耕介(濱田岳)も高岡に間違いないと証言します。
ところが、國奥(津川雅彦)を訪ねた玲子は、
別人でもDNAが一致するケースがあると知ります。
そんな中、玲子は美智子(蓮佛美沙子)から、
耕介と出会ったきっかけを聞く事になります。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト 原作

ストロベリーナイト 原作
原作は、誉田哲也の「ストロベリーナイト」

番組内容
玲子(竹内結子)は、
血塗れの左手首の持ち主と考えられる高岡賢一(石黒賢)の
幼馴染に高岡の写真を見てもらい、
写真の人物が高岡でない事を確認します。
木下興業の建設現場での転落事故死…
借金で首の回らなくなった人間を木下興業の建設作業員として現場に送り込み事故死させ、
その保険金で借金を清算させるという闇社会の手口が見えてきます。
木下興業の総務係長で、
保険金担当をしているやくざ崩れの男、
戸部真樹夫(池田鉄洋)の行方が分からなくなっている事がわかりました。
中林建設から出向しており、
母親の姓を名乗っていますが、
父親は田嶋組初代組長、田嶋正勝。
母親は田嶋の愛人だったホステスです。
高岡は、自分が死んだ際の保険金の受け取りを、
内藤君江(南風佳子)と三島耕介(濱田岳)宛てにしていました。
君江は48歳、
独身で小さな定食屋を経営しています。
かわいがっている三島に1000万の受け取りは分かるが、
なぜ血縁でもない内藤君江に
5000万円もの保険金の受取人としたのか?
君江は内藤雄太(森義洋)という20歳の青年を病院に見舞います。
13年前、7歳の時の交通事故が原因で全身麻痺になっています。
母親はその事故で死んにましたが、
父親の事はただ死んだとしかわかりません。
君江が13年前からずっと世話をしているというのです。
玲子は捜査会議で、
高岡賢一、内藤君江、内藤雄太の関係についてある推測を披露しますが…。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト 原作

nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
Copyright © 最新ドラマ情報 All Rights Reserved.
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。